王岐山副首相、共産党規律委トップに 経済担当外れる

2012/11/14付
保存
共有
印刷
その他

【北京=土居倫之】第18回中国共産党大会で、王岐山副首相(64)が経済担当から外れ、党員の汚職の調査や取り締まりなどを担当する党中央規律検査委員会トップの書記に就任することが明らかになった。国営新華社が報じた。

王副首相は経済担当の副首相としてリーマン・ショック後の4兆元景気対策や金融政策の大胆な緩和を主導した。従来は常務副首相(第一副首相)に就任するとの見方が一部であった。王氏は中国経済の構造改革を進めた朱鎔基元首相と関係が深く、構造改革派とされている。経済の司令塔は首相に内定している李克強氏が担うとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]