/

サイバー攻撃対策で協力 在日米軍司令官

在日米軍のフィールド司令官(中将)は14日、日本記者クラブで講演し、サイバー攻撃が頻繁に発生している現状を「懸念している。防衛省や自衛隊と協力策について話し合っている」と語った。米軍がネットワーク空間専門の部隊「サイバーコマンド」を設けたことに触れ、米軍の組織体制や手法について日本と情報を共有したいとの考えを示した。

日本政府が選定中の次期主力戦闘機(FX)に関しては「米国製を購入してほしい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン