/

この記事は会員限定です

モンゴル首相「日本とのEPA、14年前半めざす」

[有料会員限定]

モンゴルのアルタンホヤグ首相は14日、都内で日本経済新聞の取材に応じた。日本と交渉中の経済連携協定(EPA)について「2014年前半の調印を目指す」と述べ、日本への羊毛や乳製品などの輸出拡大に期待を示した。日本企業も参画を狙う炭鉱開発を巡っては「周辺のインフラ整備が先決」として事業者選定を急がない考えを示した。

EPAはモンゴルにとって初めて、日本にとっては14番目となる。

ロシアと中国に挟まれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン