台湾、救助隊28人 被災地に出発

2011/3/14付
保存
共有
印刷
その他

東日本巨大地震の被災地に向け、台湾の救助隊28人が14日午前、台北市内の松山空港を出発した。救助隊は日本に入った後、自力で被災地入りして救助活動に当たる計画。空港での出発式典に出席した楊進添・外交部長(外相)は「しっかりと任務を果たし、無事に戻ってきてほしい」と激励した。(台北支局)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]