/

中国、9月の消費者物価3.1%上昇 食品が全体押し上げる

【北京=大越匡洋】中国国家統計局は14日、9月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比3.1%上昇したと発表した。猛暑や大雨など夏場からの天候不順が響いて食品価格が上昇し、全体を押し上げた。一方、卸売物価指数は前年同月比1.3%の低下。19カ月連続で前年水準を下回ったが、低下幅は8月に比べ0.3ポイント縮小した。

CPI全体の3割を占める食品の上昇幅は6.1%。上昇幅は8月より1.4ポイント拡大した。生鮮野菜の価格が18.9%上昇と大幅な伸びとなった。中国の食卓に欠かせない豚肉も5.9%上昇。食品以外は1.6%上がった。9月のCPIを前月比でみると0.8%の上昇。3カ月連続で前月を上回った。

ただ1~9月平均の物価上昇率は前年同期比2.5%。なお低位で安定している。

卸売物価指数は前年水準を下回る傾向が続き、企業間取引はなお鈍さが目立つ。ただ、下落幅は4カ月連続で縮小し、前月比でみると0.2%上昇した。2カ月連続で前月の水準を上回り、企業活動に持ち直しの兆しもみえる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン