/

韓国検察当局、暁星会長の逮捕状を請求

韓国の検察当局は13日、脱税などの疑いで中堅財閥、暁星グループの趙錫来(チョ・ソクレ)会長の逮捕状を請求した。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。趙氏は粉飾会計を通じて捻出した1千億ウォン(約100億円)以上の資金で系列会社などの株式を購入した疑いがある。趙氏は2007年3月から11年2月まで経済団体の全国経済人連合会(全経連)の会長を務めた。(ソウル支局)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン