/

この記事は会員限定です

韓国大統領、中韓FTA「2年以内に妥結」表明

対日は「日本次第」

[有料会員限定]

【ソウル=島谷英明】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は13日、日本経済新聞などと会見し、5月に交渉を開始した韓国と中国の自由貿易協定(FTA)について「2年以内に妥結できる」との見通しを表明した。中断している日本との経済連携協定(EPA)の交渉再開には日本政府の譲歩が必要との認識を示し、対中FTAの優先を鮮明にした。

韓国にとって中国は最大の輸出先で、FTAで拡大が見込まれる内需を成長に取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン