/

この記事は会員限定です

住宅バブル誘う中国若者事情 親のスネ・男余り…

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

不動産市場に過熱の気配が漂い始めた中国で、1本の記事がインターネットを駆けめぐっている。北京で初めて家を買う人の平均年齢はわずか27歳――。家を買わないと結婚できないという切迫感と子供の住宅購入を支える親の財布、そして一人っ子政策がもたらした「男余り」が住宅バブルに拍車をかける。

話題の記事は地方紙の広州日報が1月下旬に載せた。「家を買うため、北京で初めて住宅ローンを借りる人の平均年齢はわずか27...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン