2019年2月19日(火)

東風日産、中国専用EVを大連で披露

2013/9/14付
保存
共有
印刷
その他

【大連=森安健】日産自動車の中国合弁である東風日産は13日、中国専用の電気自動車(EV)「ヴェヌーシアe30」の試乗会を遼寧省大連で開いた。これまでモーターショーで披露していたが、走る姿を公開するのは初めて。李万才・大連市長を乗せたe30は、静止状態から時速50キロまで4.4秒で達する発進力を見せつけた。

微粒子状物質PM2.5が拡大し、中国ではエコカーへの関心が高まっている。大連市は2014年末までに東風日産からe30を1000台調達し、公用車やタクシーとすることを決めている。市は既に240基の充電器を設置し、来年末までには1000基に拡大する。

東風日産は15年から中国でe30の量産を始める計画だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報