/

この記事は会員限定です

フィリピン、バナナの対中輸出回復 南シナ海緊張緩和

[有料会員限定]

【マニラ=佐竹実】南シナ海の領有権争いで大きく落ち込んだ中国・フィリピン間の経済活動に回復の兆しが見えてきた。中国向けフィリピンバナナの輸出は8月時点で今年最低だった6月の10倍近くに増え、その後も堅調に推移しているもよう。中国からフィリピンへの観光客も戻り始めた。中国が沖縄県・尖閣諸島を巡って対立が先鋭化する日本への対応に軸足を移し、中比間に緊張緩和の傾向が出てきたことが背景にあるようだ。

フィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン