/

米中堅証券ジェフリーズ、投資会社に身売り

【ニューヨーク=川上穣】米投資会社リューカディア・ナショナルは12日、米中堅証券ジェフリーズ・グループを買収すると発表した。株式交換を使い、買収総額は36億ドル(約2860億円)規模に達する見通し。

ジェフリーズは昨年、財政不安が強い南欧の国債を保有していたために、市場の一部で経営不安説が浮上。その後、欧州への投資を縮小し、収益改善に取り組んできた経緯がある。

リューカディアは牛肉加工業など幅広い事業を手がける複合企業。同社の最高経営責任者(CEO)には、ジェフリーズのハンドラーCEOが就任する。買収は2013年第1四半期の完了を目指す。

米金融業界のM&A(合併・買収)では、米スタイフェル・フィナンシャルが先週、米投資銀行KBWを約5億7500万ドルで買収すると発表。株式や債券の引き受けを中心とした投資銀行ビジネスは、世界的な景気低迷に伴う株式市場の沈滞で苦戦が続いており、業界再編が活発になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン