/

この記事は会員限定です

アップル・サムスン訴訟、賠償金見直し焦点 米で再審理始まる

[有料会員限定]

米アップルが韓国サムスン電子の特許侵害を訴え、約1千億円の賠償金を勝ち取った訴訟の再審理が、米カリフォルニア州連邦地裁で12日始まった。特許侵害自体は認める方向だが、賠償金の根拠や範囲を見直すかが争点となる。アップルは侵害された特許の範囲を拡大するよう訴えるが、サムスンは賠償金の軽減を求めている。

両社は世界各地で訴訟合戦を繰り広げているが、同地裁は金額が最も大きな事案で注目を集めており、その行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン