/

この記事は会員限定です

3DTV放送、早くも退潮 欧米メディア続々打ち切り

[有料会員限定]

【ニューヨーク=小川義也】欧米のメディア大手が、立体映像を家庭のテレビで楽しめる「3D(3次元)放送」を相次いで打ち切っている。3D対応のテレビが期待したほど普及せず、割高な制作費に見合う視聴者が集まっていないためだ。3D放送は次世代のテレビとして2010年ごろに鳴り物入りで登場したが、日本を含め世界的な退潮が鮮明になってきた。

米ウォルト・ディズニー傘下のスポーツ放送局「ESPN」は、CATV...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません