/

この記事は会員限定です

メキシコ、車生産が活況 400万台到達の観測も

[有料会員限定]

【サンパウロ=宮本英威】欧州危機の影響で新興国経済にも影が差す中、メキシコの自動車産業が活況を呈している。世界44カ国に広がる自由貿易協定(FTA)網や米国に近い地の利で輸出拠点としての注目度が上がり投資が急拡大。この1年の完成車メーカーの投資発表は総額50億ドル(約4000億円)規模に上る。生産台数が現状の1.5倍の400万台に膨らむとの見方も強い。

▽ホンダは2014年に新工場を稼働。生産能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン