/

首相「全製品・サービスでTPP交渉」 米が発表

【ホノルル=中山真】オバマ米大統領は12日の日米首脳会談で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への日本の参加に向けて米議会や関係業界団体の協議を含めた米国内の手続きを始めるようカーク米通商代表部(USTR)代表に指示すると述べた。ホワイトハウスが会談終了後に会談内容を発表した。

同発表ではTPPへの日本の参加方針を巡り「大統領は(首脳会談で)野田佳彦首相が貿易自由化のためにすべての製品とサービスを交渉のテーブルにのせると説明したことを歓迎した」とも説明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン