/

この記事は会員限定です

鳥インフル、中国経済に影 鳥肉・株式市場に打撃

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染が3月31日に発覚してから13日で2週間となり、経済的な損失が広がってきた。鳥肉業界が受けた損失は約100億元(約1600億円)近くにのぼる。感染拡大を懸念する株式市場では、食品など関連株が低迷し、上海総合指数は12日、終値で年初来安値を付けた。12日は死者がまた1人増加。感染拡大が止まらないなか、「回復途上の中国景気の重荷になりかねない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り634文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン