/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、米スプリント買収で狙う中国LTE

[有料会員限定]

【ニューヨーク=小川義也】ソフトバンクが米携帯電話3位のスプリント・ネクステルと5位のメトロPCSコミュニケーションズの買収に乗り出した。合計6500万件超の顧客基盤を足場に、AT&Tなど「2強」が牛耳る巨大市場に挑む。ただ、日米通信業界をまたぐ大型再編に踏み切るまでの経緯を振り返ると、巨額買収のリスクを取りに行くもう1つの理由が浮かび上がる。

11日の米株式市場。ソフトバンクとの交渉入りを認めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン