/

この記事は会員限定です

中国国有の不良債権処理会社、香港取引所に上場

[有料会員限定]

【香港=川瀬憲司】中国国有の大手不良債権処理会社、中国信達資産管理が12日、香港取引所に株式を上場した。中国で不良債権の増加が見込まれるなか、収益拡大への期待感から買いが先行した。もっとも、上場後も中国政府が発行済み株式の大半を握り、設立当初に引き継いだ不良債権を上場前に分離するなど、上場は過去の不良債権処理の完了を意味しない。

初値は4.40香港ドル(約58円)と公開価格を23%上回り、終値も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン