/

この記事は会員限定です

ラオス、特区整え外資誘致 労働力確保など課題

[有料会員限定]

2020年までに後発発展途上国からの脱却を目指すラオスが、経済成長の新たな原動力を探っている。自動車産業の集積地タイに隣接する地の利を生かし、外国企業の誘致に照準を定める。だが安定した投資の受け皿となるには労働力の確保といった課題も多く、成長の頭打ちを危ぶむ見方も出ている。

首都ビエンチャンから約600キロメートル南の都市パクセー。製造業向けで国内3カ所目となる経済特区の整備が計画されている。周辺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン