/

この記事は会員限定です

「鬼しか住まぬ」中国オルドス 石炭バブルが崩壊

上海支局 土居倫之

[有料会員限定]

中国有数の産炭地、内モンゴル自治区オルドス市。羊毛業が主産業の貧困都市が、石炭バブルで空前の好景気に沸き、1人当たり域内総生産(GDP)が中国トップとなったのは2010年だった。今年に入って石炭バブルが崩壊。いまオルドス市は、鬼しか住まないとたとえられるほど空洞化した「鬼城(ゴーストタウン)」として有名になっている。

「夜は本当に真っ暗で人っ子一人いなくなるんだ」。首都北京から西へ約800キロ、飛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン