2018年1月22日(月)

TPP交渉「日本は情報収集に限定」 山田前農相

2012/1/12付
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=中山真】民主党の山田正彦前農相は11日、ワシントン市内で記者会見し「野田佳彦首相が環太平洋経済連携協定(TPP)への参加表明をしたと報じられているが、事実と異なる。情報収集のための事前協議にとどまるものだ」と強調した。そのうえで「日本では農業や産業の問題が指摘されるが、知的財産と投資家保護の取り扱いが協定の大きな問題になることを実感した」とも指摘した。

 山田氏はTPPに反対する国会議員でつくる「TPPを考える国民会議」のメンバーらと訪米。国務省や米通商代表部(USTR)の幹部をはじめ、米議会スタッフ、業界団体代表らとTPPを巡って意見交換した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

山田正彦TPP野田佳彦前農相



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報