/

この記事は会員限定です

中国全人代で見えた共産党体制の「綻び」と「おびえ」

中国総局 阿部哲也

(更新) [有料会員限定]

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が13日閉幕した。年に一度の大型政治イベントだけあって、今年も経済改革や反腐敗、環境対策と様々な政策がテーマに上った。しかし現場で取材をしていて気になったのは、そうした重要課題よりもっと別の、しかし無視できない、ある「雰囲気」だった。

罵声飛び交う記者会見

人の山ができていた。女性記者も遠慮なく踏みつぶされた。今度はそれを踏み台にしたカメラマンと男性記者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン