2019年2月22日(金)

中国・大連商取、鶏卵先物の上場急ぐ 4月中にも

2013/4/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国で鳥インフルエンザの感染が拡大する中、大連商品取引所(遼寧省)が鶏卵先物の上場を急いでいる。4月中にも取引を開始する見通しだ。価格変動リスクの高まりに備え、あらかじめ将来の引き渡し価格を確定して損失を回避するのが狙い。豚肉の先物上場も準備しており、気候や疫病などへのリスクヘッジを図る。

鶏卵の先物上場は中国で初めて。2012年の中国の鶏卵生産量は2300万トンで、市場規模は3500億元(約5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報