/

水産業者ら、日本食品の安全性訴え 米ボストンで

【ボストン=共同】東日本大震災から1年を迎えた11日、米マサチューセッツ州ボストンで北米最大の水産物ショー「国際ボストンシーフードショー」が開かれ、農林水産省が日本館を設置、日本国内の水産業者が参加して日本の食品の安全性を訴えた。

参加したのは、イカの塩辛などを販売する「ヤマヨ」(青森県)や冷凍ホタテを販売する「丸水札幌中央水産」(札幌市)など。各社は健康を意識した食品など最新の加工品を出展。多くの来場者が関心を示していた。

参加したヤマヨの田面木努さんは「日本食品の評価は上々。安全面でも理解してもらっていると思う」と話した。

農水省や米食品医薬品局(FDA)の幹部も日本の水産物の安全性などについて講演。水産庁の森下丈二参事官は「(放射性物質汚染の恐れがないかなどの)チェックも万全にしている。安心して日本製の食品を食べてほしい」と訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン