2018年6月20日(水)

イラン、36隻でタンザニア船籍取得 欧米の制裁逃れか

2012/8/12付
保存
共有
印刷
その他

 【ナイロビ=共同】イランの石油タンカーやコンテナ船など36隻が、アフリカ東部タンザニアの船籍を取得していたことが12日までに、同国島しょ部のザンジバル自治政府の調査で判明した。ロイター通信などが伝えた。核開発を進めるイランに対する欧米の制裁を逃れ、原油輸出を続けるための措置とみられる。

 ザンジバル自治政府によると、船籍取得の手続きはアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの代理業者が行った。同自治政府は関知していないとし、36隻のタンザニア船籍を抹消する作業を開始した。

 米政府は、イラン国営タンカー公社(NITC)の船舶が南太平洋の島国ツバルの船籍を取得し、原油輸出を継続しているとも指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報