/

SKテレコム、ハイニックス買収の優先交渉者に

【ソウル=尾島島雄】半導体メモリー世界2位、韓国・ハイニックス半導体の持ち株売却を進める韓国外換銀行などの銀行団は11日、競争入札に唯一応じた韓国通信大手SKテレコムを優先交渉対象者に選出したと発表した。買収額の最低ラインを超えて応札したことにより、SKテレコムがハイニックス株の20%を握り、筆頭株主となる可能性が強まった。銀行団は手続きを終える作業の前倒しを急いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン