/

「ジョブズ氏追悼ロゴ」に盗作疑惑

香港の大学生がデザイン

【香港=川瀬憲司】香港の現役大学生がデザインし、世界中で話題を呼んだスティーブ・ジョブズ氏の「追悼ロゴ」に"盗作"の疑いが出ている。英国人デザイナーが5月に創作し発表していた図柄と酷似していると指摘。大学生側は類似性は認めているものの、それを発見したのは自らが着想した後と主張、謝罪を拒んでいる。

問題の作品は米アップルのロゴマークの右上にあるくぼみの部分に、5日死去したジョブズ氏の横顔のシルエットをはめ込んだデザイン。ジョブズ氏がアップルの最高経営責任者(CEO)を辞任したことに触発されて創作したという香港理工大学2年生、麦朗(ジョナサン・マック)さんが8月にネット上で公開。ジョブズ氏死去とともに全世界で「追悼ロゴ」として評判になっていた。

しかし、「RAID71」を名乗る英国人、クリス・ソーンリー氏の代理人がこのほど「盗作」と主張。ソーンリー氏をデザインの本当の創作者と認めるとともに、現在がん治療中の同氏を支えるため、チャリティーサイトを通じた作品の購入も呼び掛けている。

一方、麦氏はソーンリー氏のデザインについて「実際に同じアイデアを含んでいる」と認めているが「アイデアを得た後にグーグルで検索して見た」と主張。このため「ソーンリー氏の創作を"盗作"したとすることについては謝罪しない」と強調している。ただし、闘病中のソーンリー氏のチャリティーサイトへの支持を呼び掛けている。

両者のデザインはよく似ているが、麦氏がリンゴの色を白にしているのに対し、ソーンリー氏は黒。麦氏はジョブズ氏をややうつむき加減に描くなど、シルエットの細部に違いがみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン