日本・ブラジルの「アマゾン・アルミ事業」、資源大手のヴァーレ撤退

2010/6/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本とブラジルが共同でアルミニウムを精錬する「アマゾン・アルミニウム事業」からブラジルの資源大手ヴァーレが撤退する。ヴァーレは同事業を含むアルミ関連の権益を総額約49億ドル(約4500億円)でノルウェーのアルミ最大手ノルスクハイドロに売却し、同社の株式の22%を受け取る。

日本側出資会社の日本アマゾンアルミニウム(東京)がヴァーレによる保有株売却を了承した。1970年代に始まった日伯の国家プロジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]