/

ミャンマーの不動産大手ヨマ、食品関連事業に進出

【シンガポール=谷繭子】ミャンマーの不動産大手、ヨマ・ストラテジック・ホールディングスは、計8300万ドル(約84億円)を投じて食品関連事業に新規進出する。英食品商社と合弁でコーヒー豆の生産販売を始める。国内向けだけでなく輸出事業に育てる。輸入牛乳を加工しパック詰めする工場も建設する。

農産物や食品の低温物流事業にも参入する。日本の食品卸大手、国分との合弁で、ヤンゴンとマンダレーに冷蔵・冷凍倉庫を設立。国内に低温トラック運送網を整備する。消費市場の急拡大に布石を打つのが狙い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン