/

この記事は会員限定です

原発部品、現地調達80%に トルコ資源相の会見要旨

[有料会員限定]

日本勢が受注した原発

建設・運営の事業会社に国営電力会社(EUAS)が最大49%を出資する。25%にとどめ残りを地元企業が出資するか、株式公開で資金調達する案もある。9~10月に署名する正式契約までに計画の詳細を決める。事業会社設立から2年以内に、日本勢は人材育成や地場産業への影響に関する経済評価報告書を作成する。両国で設立する科学技術の国際大学の計画には期待が膨らむ。明日にでも開学してほしいくらいだ。日本の提案はトル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン