中国アリババ集団、25部門に組織再編

2013/1/11付
保存
共有
印刷
その他

【上海=菅原透】中国の電子商取引最大手、アリババ集団(浙江省)は現在7つある事業部門を25部門に再編すると発表した。旅行サイト運営など事業内容ごとに部門を細分化。事業責任者に若手を抜てきするなどして、新事業の立ち上げ強化と幹部育成を狙う。馬雲(ジャック・マー)会長は従業員にあてた電子メールで「創業以来の組織・文化変革だ」と強調した。

1999年設立のアリババは企業間電子商取引や、個人向けネット通販サイト運営の最大手。個人向け通販事業は2012年の取引額が1兆元(約14兆円)を突破、中国全体の小売総額の5%超を占めるまで成長した。多様化する消費者ニーズに対応できる体制づくりを急ぎ、競争が激しい中国ネット市場で勝ち残りを目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]