/

この記事は会員限定です

上海に第2の香港 自由貿易区構想に李首相の深謀

上海支局 菅原透

[有料会員限定]

中国の李克強首相が旗を振る「上海自由貿易試験区」を具体化する動きが活発になってきた。様々な規制を撤廃し、国内外の金融機関や企業を呼び込む構想は、1980年代にトウ小平氏が広東省など中国南部で推進した「経済特区」の再来をほうふつとさせる。だが、今回は単なる経済振興策とは違う。上海の自由貿易区構想に潜む深謀とは――。

上海で大胆な対外開放策を導入した「自由貿易区」を作る構想は7月の国務院(政府)常務会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1737文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン