2019年2月23日(土)

中国外務省、朱建栄教授への取り調べ認める

2013/9/11付
保存
共有
印刷
その他

【北京=島田学】日中問題の論客として知られる中国人学者、朱建栄・東洋学園大教授が50日以上消息を絶っている問題で、中国外務省の洪磊副報道局長は11日の記者会見で「朱氏は中国国民であり、中国の法律と法規を順守しなければならない」と述べた。朱氏が中国当局から取り調べを受けていることを否定せず、事実上認めた格好だ。中国政府が朱氏の問題に言及するのは初めて。

朱氏を巡っては、中国国内で中国軍関係者などへの違法な情報収集をしたとして、国家安全省当局からスパイ容疑で取り調べを受けているとされる。朱氏は7月17日に出身地の中国上海を訪れた後、連絡が取れない状態が続いている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報