韓国、省庁の一部移転を開始 36機関1万人が移動

2012/9/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国の首都ソウルから約130キロ南に位置する忠清南道(チュンチョンナムド)の世宗(セジョン)市に中央省庁の一部を移転する作業が15日から始まる。国務総理(首相)室をはじめ中央省庁など36機関、公務員ら約1万人の大移動を見込む。盧武鉉(ノ・ムヒョン)前政権が決めた首都機能の移転計画は曲折を経て実行段階に移るが、行政効率の低下や税金のムダ遣いへの懸念も多い。

ソウル市中心部から車で高速道路を使って約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]