モロッコで1000人がデモ 雇用確保を要求

2011/2/11付
保存
共有
印刷
その他

【エルサレム=共同】北西アフリカのアラブ国家モロッコの首都ラバトで10日、失業者ら少なくとも1千人が雇用確保を求めてデモ行進した。ロイター通信が11日伝えた。

チュニジアでのベンアリ政権崩壊を受け、モロッコ政府当局は失業者グループにデモ抑制を要請。今月10日までに4500人を雇用すると約束していたが、同日、期限延期を申し入れてきたという。

フランス公共ラジオによると、モロッコではこれまでに少なくとも4人が焼身自殺を図った。インターネットの交流サイト「フェイスブック」では、若者グループが「大規模な政治改革」を求めるデモを20日に実施するよう呼び掛けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]