2018年1月19日(金)

習政権、「電力閥」に矛先 巨大な利権骨抜き狙う
アジア総局編集委員・村山宏

コラム(国際・アジア)
(1/2ページ)
2014/6/12 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中国の習近平政権が「電力閥」を切り崩し始めた。南シナ海など中国と近隣諸国との領有権争いに目を奪われているうちに、中国の行方を語るうえで見逃せない闘争が内部で生じている。電力業界は寡占を背景に巨大な利権を有し、李鵬元首相ファミリーが牛耳ってきた。習指導部が進める構造改革に抵抗する最大の既得権勢力の1つとみられてきたが、指導部側は有力幹部を次々と汚職で摘発し、その力を骨抜きにしようとしている。

電力

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!




[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報