/

台湾アスース、純利益29%減 10~12月

【台北=新居耕治】台湾のパソコン大手、華碩電脳(アスース)が11日発表した2010年10~12月期の連結決算によると、売上高は前年同期比1%減(前の期比2%増)の836億台湾ドル(約2400億円)となり、純利益は同29%減(同4%減)の40億台湾ドルとなった。米アップルの「iPad(アイパッド)」に押され、ネットブックが伸び悩んだのが響いた。

10年のノートパソコン(ネットブック含む)の年間出荷台数は前年比39%増の1690万台に達したが、うちネットブックは同11%増の600万台にとどまった。同社も今年はタッチパネルで操作するiPad型端末に力を入れ、巻き返しをはかる計画。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン