/

著名ジャーナリストを処分 盗用で米タイムとCNN

タイム(米週刊誌)とCNNテレビは10日、日本でも「アメリカ後の世界」などの著書で知られる気鋭のインド系ジャーナリスト、ファリード・ザカリア氏(48)がこのほどタイム誌とCNNのサイトに寄稿した銃規制強化を主張する記事が盗用だったとして、起用を停止する処分をした。

ザカリア氏はタイム誌とCNNのサイトで同日、この論文が、高級文芸誌ニューヨーカーが4月に掲載したハーバード大のジル・レポール教授(歴史学)によるエッセーの一部盗用だとの指摘は「正しい」と認め、教授や読者に全面的に謝罪した。(ニューヨーク=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン