/

「両国企業の発展、相互理解が不可欠」日中経営者フォーラム

日中の企業家が一堂に会する「日中経営者フォーラム」(中国の投資会社、環球都市集団など主催)が10日、都内で開催された。青島ビール(山東省)の金志国・董事長や武田薬品工業の長谷川閑史社長ら100人以上の経営者が参加。共通の経営課題を全員参加形式で議論し、両国企業のさらなる発展には「相互の理解と信頼を深め、共生する意識が不可欠」との意見で一致した。

日本企業の中国市場開拓について青島ビールの金董事長は「文化の違いに適応し、中国のルールに柔軟に対応する経営姿勢が重要」と指摘。上海復星高科技(集団)の梁信軍・副董事長は「政府関係者との長期的な信頼関係の醸成が欠かせない」と強調した。

日本企業が持続的に発展を続けてきた理由に関して、資生堂の前田新造社長は「長年、人材育成を第一に経営してきた結果だ。人材やブランド力は一朝一夕で育たない」と発言。ローソンの新浪剛史社長も「人的資源が企業の最も重要な資本である」と訴えた。

非営利の同フォーラムは今回が2度目の開催(昨年は北京)。主催者である環球都市集団、尹銘深・董事長は「日中企業は一段と『対話』を増やし、協業を促進することが大事だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン