/

朱建栄教授にスパイ容疑 中国当局が取り調べ

日中問題の論客としてマスメディアでも活躍している中国人学者、朱建栄・東洋学園大教授(56)が、中国内で違法な情報収集を行ったスパイ容疑で国家安全省当局の取り調べを受けていることが10日、分かった。複数の中国筋が共同通信に明らかにした。朱教授は7月17日に出身地の中国上海市を訪れた直後から50日以上にわたり消息を絶っている。

中国内で中国軍関係者らを対象に実施した学術調査に対し、違法行為の容疑が持たれているという。中国では、関係当局が影響力のある学者や活動家らを軟禁し「再教育」を行い、その後、解放するケースがあることから立件に至らない可能性もある。

中国筋によると、朱教授は今年に入り、学術研究のため中国内で調査活動を実施した際、複数の中国軍関係者と面会し、軍事情報を細かく聞き、主に海軍関係の情報を収集していた。この活動に違法な情報収集の嫌疑が掛けられているという。

情報活動に詳しい中国人関係者は、尖閣諸島国有化に端を発した日中関係の悪化が続いているだけに、中国当局は朱教授の調査活動に、より過敏になっているのだろうと指摘した。

朱教授は中国政治・外交が専門で、日本では千葉県に在住。上海市に実家があり、頻繁に中国を訪問し、今年2月の中国の春節(旧正月)の際にも長期間、上海市などを訪れていた。

日本でのテレビ出演などを通じた朱教授の最近の日中関係に関する発言に対し、一部の中国政府関係者が「目立ちすぎ」との認識を示したとの情報も出ていた。

朱教授の家族は「今も(本人と)連絡は取れていない」という。(上海=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン