チェコ電力、原発入札を中止 電力価格下落で

2014/4/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ウィーン=共同】チェコ電力は10日、チェコ南西部テメリン原発の原子炉2基を増設するための入札を中止したことを明らかにした。東芝傘下の米ウエスチングハウス・エレクトリック(WH)とロシア・チェコ連合が受注を競っていた。

チェコでは欧州債務危機の影響などで電力需要が予想したほど伸びず、電力価格が下落。チェコ電力は政府による電力料金の保証を求めていたが、チェコ通信によるとソボト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]