/

この記事は会員限定です

中国、13年の汚職摘発5万人超 周永康氏追及に注目

習政権、反腐敗で求心力向上

[有料会員限定]

【北京=島田学】中国の最高人民検察院(最高検)は10日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、2013年に収賄など汚職で摘発された公務員が前年比8.4%増の5万1306人だったと報告した。国民の不満が渦巻く中、習近平政権にとって「反腐敗」運動は国民の留飲を下げる唯一の求心力。汚職が疑われている共産党序列9位だった周永康氏を巡り、習政権が汚職疑惑をどこまで追及するかにも注目が集まる。

曹建明検察...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン