/

韓国初の人工衛星搭載ロケット、打ち上げまた失敗

【ソウル=島谷英明】韓国教育科学技術省は10日、韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」の打ち上げが失敗したと発表した。同日午後5時ごろ同国南部、全羅南道の宇宙センターから発射したが、高度70キロ付近の上空を飛行中に爆発、墜落したと推定されるという。昨年8月に続く失敗で、同省は詳しい原因を調べている。

羅老号は全長約33メートルの2段式ロケットで、1段目はロシア製、2段目は韓国が独自に開発した。ロケットの先端部分に大気観測などに活用する重量約100キロの衛星を搭載していた。

韓国は昨年8月に同センターから初めて羅老号を打ち上げたが、衛星を保護するカバーが分離しなかったため、衛星の正常軌道乗せに失敗していた。10日は再打ち上げだった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン