2019年6月17日(月)

中国、南シナ海で資源確保に躍起 主権の既成事実化狙う

2014/5/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が習近平政権になって南シナ海での主権確立を急いでいるのは、経済の急成長を支えるのに必要な資源エネルギーの確保に躍起になっているためだ。南シナ海は石油など豊富な資源を埋蔵していることに加え、中東から中国本土に石油などを輸送する際に海上交通路(シーレーン)に当たる。南シナ海を中国の生命線と位置付け、主権の既成事実化を狙っている。

今回、中国側が設置を強行した石油掘削装置(リグ)も既成事実化の手段…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報