/

日中貿易2年連続縮小、13年5.1%減 冷え込み鮮明

【北京=大越匡洋】中国税関総署が10日発表した2013年の貿易統計によると、日本との輸出入を合わせた貿易総額は前年比5.1%減だった。2年連続で前年水準を下回り、減少幅も12年の3.9%減から拡大し、両国の貿易総額はピーク時の11年から約9%減った。中国の世界との貿易総額は7.6%増と初めて4兆ドル(約419兆円)を突破しており、沖縄県・尖閣諸島を巡る日中関係の冷え込みが鮮明だ。

中国の13年通年の全体の輸出額は7.9%増と、12年の伸びと同水準を維持した。輸入は7.3%増だった。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2597億ドルの黒字で、12年に比べ12%増。人民元相場の上昇圧力は今後も続く見通しだ。

中国は新興国向けの貿易拡大に注力しており、13年の東南アジア諸国連合(ASEAN)との貿易は10.9%増と2桁の伸びを確保した。先進国でも米国向けが7.5%増、欧州連合(EU)向けは2.1%増だった。

一方、日中貿易は縮小傾向が続いた。13年の中国から日本への輸出は0.9%減、日本からの輸入は8.7%減だった。日本の自動車メーカーの販売が持ち直すなど足元で回復の兆しも出始めているが、安倍晋三首相の靖国神社参拝もあって先行きは予断を許さない。

世界貿易機関(WTO)によると、中国は09年に世界最大の輸出国となった。モノの貿易総額でも12年に米国と肩を並べ、13年は世界最大となる公算だ。13年12月の輸出は前年同月比で4.3%増、輸入は8.3%増だった。国際貿易での存在感を増す中国だが、輸出を装って投機資金を国内に持ち込む動きが再燃しているとの指摘もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン