/

この記事は会員限定です

アジアTrend ソニー「インド画質」で現地好調 韓国勢と互角

ムンバイ支局 堀田隆文

[有料会員限定]

ソニーのインドでの家電事業が好調だ。インドの家電市場の外資勢では韓国や欧米のメーカーが強いが、ソニーは薄型テレビで韓国のサムスン電子、LG電子とトップシェアを争う。ソニーのインド家電事業の売上高は2014年3月期で前期を25%上回る1000億ルピー(約1700億円)に達する見通しだ。好調の背景にあるのがインドの消費者のニーズに徹底して配慮した製品開発。低所得層を対象に廉価製品を売るBOP(ベース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン