オリンパス株主、ウッドフォード元社長の復帰要求

2011/11/10付
保存
共有
印刷
その他

オリンパスの大株主である英ファンド、ベイリー・ギフォードが解任されたマイケル・ウッドフォード元社長の復帰を求めていたことが明らかになった。オリンパスが証券投資の損失を隠していた問題の解決にはウッドフォード氏の力が必要だという。ロイター通信が9日伝えた。

この英ファンドは10月31日時点でオリンパス株を4%以上保有する。ファンド関係者は「今、必要なのは不正の一掃だ。ウッドフォード氏が最適任だ。不正行為に加担した役員と社員を解任すべきだ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]