/

米半導体クアルコム、時価総額でインテルを逆転

スマホ・タブレット時代を象徴

【シリコンバレー=奥平和行】米株式市場で9日、米半導体大手クアルコムの株価が上昇し、終値ベースの時価総額が1050億ドル(約8兆3475億円)と最大手インテルを上回った。終値での時価総額の逆転は1991年にクアルコムが上場してから初めて。IT(情報技術)機器の主役が、パソコンからスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)など携帯機器に移りつつあることを象徴する出来事といえそうだ。

9日のクアルコムの株価は前日より0.95ドル(1.6%)高い61.62ドルで終えた。クアルコムはスマホなどに使う通信用半導体の最大手。スマホやタブレット(多機能携帯端末)に使うMPU(超小型演算処理装置)の販売も伸ばしている。

インテルはパソコンのMPUに強いが、スマホなどへの対応は始めたばかり。パソコン販売台数が低迷しており、株価も伸び悩んでいた。ただインテルの7~9月期の売上高はクアルコムの約2.8倍、純利益は約2.3倍の水準にある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン