/

普天間代替施設の共同使用、米が協議受け入れへ

【ワシントン=弟子丸幸子】米国防総省のモレル報道官は9日の記者会見で、沖縄県の米軍普天間基地移設問題で、名護市辺野古につくる代替施設を米軍と自衛隊で共同使用する案に関し、近く日米が協議するとの見通しを示した。日本政府が共同使用の検討を求めていることを踏まえ、協議には応じる姿勢を示したものだ。

報道官は同時に、米軍が新型輸送機オスプレイV22を沖縄に配備するかどうかに関して「日本で運用することを期待している」と述べ、配備に強い意欲を示した。オスプレイは開発段階で墜落事故が相次いだことから沖縄県側に導入を懸念する声が強く、日本政府が配備を受け入れるかが焦点になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン