/

この記事は会員限定です

安全には「強い自信」 ボーイングCEO一問一答

「中国から新たなライバル」と予言

[有料会員限定]

米ボーイングのジム・マックナーニ最高経営責任者(CEO)は9日、都内で日本経済新聞の単独インタビューに応じた。3カ月強に及ぶ運航停止が解除された新型機「787」に関して、安全には「強い自信がある」と言明。現在は欧州エアバスと勢力を二分するが「中国から新たな競争相手が現れる」と予言。いまだ事故原因が未解決となっている一因とされる開発や生産の国際分業体制をてこ入れし、新たなライバルの登場に備える考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン